3泊5日で行くハワイ旅行!初心者にもおススメできるモデルコース

ハワイの風景、カラカウア通りを走るワイキキトロリーバス

 

こんにちは、hawaii memo.です^^

日本人のハワイ旅行のスタンダードは4泊6日だそうです。日本に帰国後1日ゆっくり休んで会社へ出社、というイメージでしょうか。ナルホド。

そうは言っても7日間のお休みを取るには年末年始やお盆、GWといった大型連休を絡めないと休みづらいという人、きっと多いんじゃないかな。

でも3泊5日だったらどうでしょう。土日を絡めて平日3日だけ休めばハワイに行けちゃうんです!これなら年末年始やGWといった旅費がめっちゃ高い時期を避けることもできるし、諦めかけていたハワイ旅行が現実味をおびてきますよね。

そして、もしかしたら3泊5日だとせっかくのハワイを楽しめないのでは…と思っているアナタ。ぜひこの記事を参考にしてみてください。

実は3泊5日でも上手にスケジュールすれば、おもいっきりハワイを満喫することができるんですよ^^

 

3泊5日とは、いったいどのくらい?

ハワイの空を飛ぶ飛行機

 

まず3泊5日とは、、、

ハワイ3泊、機内1泊(日付変更線を越えるため1泊と数えます)5日目に日本に到着というスケジュールです。

  • 0日目 5月1日 日本発 午後〜夜
  • 1日目 5月1日 ハワイ着 午前(時差:日付変更線を越えたため日本出発日の午前まで時間が戻ります)
  • 2日目 5月2日 ハワイ
  • 3日目 5月3日 ハワイ
  • 4日目 5月4日 ハワイ発 午後
  • 5日目 5月5日 日本着 夜(時差:日付変更線を越えたため日本に着いただけで一日が終了)

 

到着日と帰国日はハワイに半日ずついるので、トータル3日間ハワイを楽しむ感じになります。

この3日間をいかに効率よくメリハリをつけて過ごすかはとっても重要。短期滞在だからといってハワイまできて分単位で動くのはゴメンだけど、やっぱりポイントは押さえておきたいですよね。

もちろん、ノープランでハワイ3泊5日をのんびり過ごすのもアリです!というか一番贅沢な過ごし方じゃないかな。そうゆうの、憧れます。

 

 

3泊5日で行くハワイ旅行1日目

ハイアットリージェンシーハワイ

8:30〜 空港着
12:00〜 ランチ
15:00〜 ホテルにチェックイン
16:30〜 ワイキキ散策
18:00〜 ディナー

【1日目/ワンポイントアドバイス その1】

  1. アーリーチェックイン(早めにチェックイン)のリクエスト
    予約時または当日フロントでリクエスト。あくまでもリクエストベースなので必ず早めにチェックインできるとは限らないのですが、リクエストするに越したことはないですよね。もしお部屋に入れたらラッキーくらいの気持ちでいましょう。※有料の場合もあるのでリクエストの際はご注意ください。
  2. ホスピタリティールームの利用
    ホテルによってはホスピタリティールームというものがあり、チェックイン前やチェックアウト後に利用することができます。ホテルによってサービス内容や予約が必要かなど異なるので、ホテルが決まったらぜひ問い合わせしてみましょう。

もしアーリーチェックインができなかったとしても、フロントで荷物を預かってくれるので大丈夫。まずは大きなスーツケース等をフロントに預けて身軽になりましょう。

 

【1日目/8:30〜空港着】

日本からのハワイ便のハワイ到着は午前中で、だいたい7:00〜10:00。上の表は8:30ハワイ着、ホテルまでシャトルバス利用を例にしています。

空港からワイキキまで普通は車で30分くらいですが、シャトルバスは他のお客様たちとあいのりです。複数のホテルに停車し、荷物を下ろしたりが発生するのでワイキキまで1時間〜1時間半くらいはかかる予定です。

Uberなどのライドシェアを利用の場合、乗り場までちょっとわかりずらくまた待ち時間も考えると、ワイキキまで1時間弱くらいみておいた方がよいかなと思います。

ダニエル・K・イノウエ国際空港のライドシェア(UberやLyft)乗り場までの動画はこちら。

 

ダニエル・K・イノウエ空港に到着後そのままオプショナルツアーに参加可能なプランもあり!
チェックインまでの微妙に空いた時間を有効活用。ただ必ず集合時間までに空港の指定された場所に来れることが前提。飛行機の遅延などによる返金はされないっぽい。リスキーではありますが気になるところ。

●到着日から楽しめるツアーの詳細、お申込みはこちらからどうぞ^^

到着日から楽しめるツアー!

【1日目/12:00〜「デュークス・ワイキキ」でランチ】

ホテルに荷物も預け身軽になったら小腹も空いてくるころ。まずはランチにくりだしましょう!

おすすめランチスポットはアウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾートホテルの中にある「デュークス・ワイキキ」 。ホテルの中ですが料金はリーズナブルです。

実は行ったことはないので味の保証はありません、悪しからず^^; いつか訪れてレビューします。

が、しかし!ぜったい初日のランチにもってこいだと思うんだよね。立地・景観的に「ハワイにきた〜!!」をまちがいなく堪能できます。

【1日目/15:00〜ホテルチェックイン】

チェックインできたらホテルの部屋で少し休憩をとることをおすすめ。ちょっと横になるだけでもその後の活動に大きな違いが出ます。

ただし、そのまま寝落ちする可能性もあるので気をつけましょう!

【1日目/ワンポイントアドバイス その2】

ハワイ到着日にはりきって海で泳ぐ人も多いかと思います。体調も良く若い人であれば問題ないかもしれませんが、普段の生活が忙しく会社から直行で空港へ行きハワイにくる人などは注意が必要かと。

到着日はゆっくり体を休めつつハワイに馴らしていってください。おどかしてしまったら申し訳ないのですが、けっこう体調管理がもとの水難事故を耳にします。

自分は若いと勘違いしがちな40代後半以降…過信は禁物です。

【1日目/16:30〜ワイキキ散策】

さてディナーまでの間にワイキキ散策がてら、買えるお土産をとっとと買ってしまいましょう。特にこだわりのないお土産、定番ものは全てワイキキで揃います。

今回は3泊という短期滞在なので最後に慌てないためにも、初日にある程度はすませてしまいたいですよね。

お土産の時間を短くすませるためにも、こちらの記事を参考に誰に何を買うかイメトレしておいておくのも重要です^^

 

【1日目/18:00〜ディナー】

モアナサーフライダーから見えるワイキキビーチ

初日のディナーは翌日以降のことを考慮してテイクアウトにしましょう。ホテルのラナイでまったり食事をすればフライトの疲れもとれて、必ず次の日からの活力につながるはず。

ディナーをテイクアウトするならアヒポケ丼をぜひ!ワイキキでおいしいアヒポケ丼が食べられるところは次の3つです。

 

●アイランドヴィンテージコーヒー ※お米はブラウンライスをぜひ!

ここのブラウンライスで食べる醤油アヒボウルが個人的には一番おいしい!と思っています。韓国海苔がいいアクセントになっていて、何度でも食べたくなるお味。

アイランドビンテージコーヒーで食べれるアヒポケボウル

 

●ココ・クーブ(Coco Cove)

ランチ時に行くとかなり列をなしている人気ぶり。ポケボウルを注文するときポケを1種類か2種類から選べるのですが、わたしは2種類=ハーフ&ハーフかと思っていて2種類をチョイス。そうしたらがっつりポケだけ2倍近い量でびっくり!食べきれないしご飯は足りないしでバランス悪かった〜(苦笑)あ、お味は美味しいのでご安心あれ。

●マグロブラザーズ

文句なしに新鮮なマグロを食べれます。アヒポケボウルももちろん美味しいですが、わたしは毎回中トロ丼をチョイス。中トロ丼も本当に美味しいんですよ〜。やっぱり酢飯がいいね。

 

ディナーの後はゆっくり休んで翌日にそなえましょう^^

 

 

3泊5日で行くハワイ旅行2日目

海を泳ぐイルカ

7:00〜 アクティビティツアーに参加
15:00〜 カフェでまったり
17:30〜 ディナー

【2日目/ワンポイントアドバイス】

参加するツアーにもよりますが、おおむね朝早い出発となります。

ホテルのお部屋には簡易冷蔵庫があるところが多いので、前の日に何かサンドイッチなどの食料を調達しておくと、朝から慌てなくてすむと思いますよ〜。

【2日目/7:00〜アクティビティツアーに参加】

終日、全力でハワイを満喫!思いっきりアクティビティにトライしましょう!ハワイには本当にいろ〜んなアクティビティがあります。

たくさんあるアクティビティの中でhawaiimemo的オススメは次の3つ。定番中の定番でどれも大人気ツアーです。

①クアロア牧場のツアー

”有吉の夏休み2019年”でも取り上げられたこちらのツアー。

大自然を楽しむ電動アシスト付きマウンテンバイクツアー!選べるカヤックツアー付きプラン

”有吉の夏休み”を観ていて思わず「これ、やってみたい!」と一人暮らしなのに声に出してしまいました(笑)

クアロア牧場のそこでしか味わえない広〜大な敷地に広がる大自然は、もうほんとうに圧巻。目の前にすると言葉も出ないほどです。もうね、できればハワイを訪れた人全員に体感してもらいたい。

クアロア牧場にはマウンテンバイクツアー以外にもたくさんアクティビティのプランがあるので、いろいろ探ってみてください。ちなみにマウンテンバイクツアーはテレビの放送で満席が続いているそうなので、ご予約はお早めに!

●クアロア牧場のマウンテンバイクツアーの詳細、お申込みはこちらからどうぞ^^

マウンテンバイクツアー!

クアロアランチ

クアロア牧場のツアー詳細、お申込みはこちらからどうぞ^^

クアロア牧場のツアー!

 

②イルカと泳ぐツアー

わたしは未だ念願叶わず。

以前11月に予約をしたことがあったのですが、悪天候のため催行中止になってしまいました。

運良く桟橋到着前で催行中止が確定したので全額返金になりましたが、ツアー会社によっても返金ポリシーが異なるので雨季の時期(11月〜2月位)に参加する人は特に注意が必要かなと思います。

いつかイルカと一緒に泳いでみたい!イルカと泳ぐってどんな感じなんだろう。何かテレパシーのようなものを感じあえるのだろうか、いやきっと感じあえるはず、などなど。イルカに対する期待は高まるばかりなのです。

(実はわたし泳げないのですが、ライフジャケット着るから浮いてられますよね。)

●野生のイルカと泳ぐツアー詳細、お申込みはこちらからどうぞ^^

野生のイルカと泳ぐ!

 

③カネオヘ湾のサンドバーのツアー

サンドバーとはカネオヘ湾沖に浮かぶ白い砂浜(砂洲)のことです。いつも砂浜が浮いているわけではなく、干潮時のかぎられた時間だけ湾の海底が姿を表すため、幻の島と呼ばれています。

キャプテン・ブルースが提供するサンドバーのツアー(天国の海)は、サンドバーの中でも一番面積の広い浅瀬に行けるそうで、大人気のツアーです。

潮の満ち引き具合で参加時の状況が変わってくるので、なかなか思う通りの天国感は得られない場合もありますが、参加する価値は大いにあります。

わたしが参加したのはかなり昔の話でツアー会社や詳細はもう記憶のかなたですが(汗)、カネオヘ湾から見渡す景色はそれはそれは素晴らしいものでした。

ただちょっと寒かったのを覚えています。パーカーなど羽織るものを持っていった方がよいですよ。

カネオヘ湾サンドバーのツアー詳細、お申込みはこちらからどうぞ^^

カネオヘ湾サンドバー!

 

【おまけ】お子様づれ向けオプショナルツアー

お子様の年齢によっても参加できるオプショナルツアーは変わってきます。ベルトラのサイトには年齢別に参加できるツアー一覧があるので参考にしてください。時間をかけて選んだツアーを最終確認したら年齢制限で参加できない!なんてことも防げますよ。

代表的なオプショナルツアーをあげてみました。基本年齢制限はないですが、アトラクションによって年齢制限や身長制限、同伴者の有無など変わってきますので、各サイトで確認してくださいね。

ウェット&ワイルドハワイ

プール&アトラクションというのでしょうか。昔でいう東京サマーランドのでっかい版。東京ドーム3個分の敷地に25のアトラクションがあります。また曜日によってはファイヤーダンスも観覧できます。

シーライフパーク

体験型マリンパークということで、野生じゃないけどイルカと泳げます。イルカだけでなく園内にはウミガメやアシカ、クジラなどの海洋生物たちと触れ合える子どもも大人も楽しめるテーマパークです。

ポリネシア・カルチャー・センター(PCC)

ポリネシアとは太平洋に浮かぶ島々のこと。PCCでは代表する6つの島々の文化をそれぞれ体験できるテーマパークになっています。1時間半にわたるイブニングショーは圧巻。しかしたら大人の方が楽しめるかもですが、家族連れにおすすめのツアーです。

 

【2日目/15:00〜カフェでまったり】

全身でハワイを感じながらのアクティビティツアーから街へ戻ったら、夕食まで少し時間があります。カフェでまったりしながら各アクティビティで撮影した写真や動画を楽しんでみてはどうでしょう。

もちろん、余力があればお土産を買ったりショッピングもいいですよね。

おすすめのカフェはこちら。

●ハワイアン・アロマ・カフェ

ワイキキに4店舗あるカフェ。おすすめはワイキキ・ビーチコマー・ホテルかオハナ・イースト・ホテル。2つともワイキキの中心地でスペースも広くアイランドらしさを思いっきり感じれます。まったりするにはぴったりの場所ですよ。

Photo @ワイキキ・ビーチコマー・ホテル

Photo @オハナ・イースト・ホテル

【2日目/17:30〜ディナー】

やっぱり全身を使ってのアクティビティ後のディナーはがっつりと肉、そうですステーキがおすすめです。

 

>>高級店

●ウルフギャング・ステーキハウス

Tボーンの中の一部分が別格に美味しかった記憶も遠い…また食べに行ってそのお味を思い出したいです。

●ルースズクリス・ステーキハウス

ルースズクリスといえばフィレ肉。やわらくて本当に美味しいですよ〜。女性にちょうどよい8オンス(約226g)があるのも嬉しいですよね。サイドオーダーにほうれん草のクリーム煮もお忘れなく!

●シグネチャープライムステーキ&シーフード

いまだ訪れたことがないのですが安定の評判のよさ。アラモアナホテル最上階(36階)からの景色は絶景です(by有吉の夏休み2019)。お肉もとっても美味しそうでしたよー。景色がよいとお味が2割増になるのはわたしだけなのか!?

 

>>中堅どころ

●バサルト

ハワイ旅行ではなにかとお世話になるであろうABCストアが手がけたレストラン。かしこまりすぎず、でもお洒落。お料理も新鮮な食材でこだわりのあるものを提供してくれると評判のレストランです。

●フラ・グリル

ランチでも紹介しましたが、立地と景観を考えたらこんなにコスパのよいレストランはないのでは。ステーキだって某高級店の半分くらいのお値段で食べれちゃいますからね。夜はまた朝とちがった景色を見せてくれるはず。

 

>>プレート系

●ステーキシャック

こんなに美味しいのに$10〜の価格設定が信じられない!昔はもっと安かったらしいけど、ハワイの物価は年々上がってますからね…店舗の家賃を考えたら価格上昇も受け入れなければ(涙)。

●パイオニア・サルーン

こちらもプレート系なのにこのクオリティ。リブアイステーキは滞在中に一度は食べておきたい一品です。

 

 

3泊5日で行くハワイ旅行3日目

ドールプランテーションで買えるパイナップルソフトクリーム

7:00〜 朝ごはん
8:30〜 1Dayトリップ
17:30〜 ディナー

【3日目/7:00〜朝ごはん】

4日目の朝ごはんリストを参考に選んでみてください^^朝ごはんにふさわしい厳選した5ヶ所のレストランをピックアップしています。

【3日目/8:30〜1Dayトリップ】

丸々一日楽しめるのは3日目の今日が最後。そんな3日目は1Day トリップへ出かけてみましょう!

ワイキキやアラモアナも楽しいけど、せっかくなら違う街へくり出すのも楽しいですよ〜。ハワイ初心者には特におすすめなのはカイルア&ノースショア。オアフ島の定番人気エリアです。

●カイルアビーチ&ラニカイビーチとカイルアタウン

ラニカイ・ピルボックス・トレイルの頂上からの景色はサイコーです!もうね、写真集の中に住んでいる気持ちになれます。

こちらのトレイル、けっこう険しい道もあるので登るときはかならずスニーカーを履いて行きましょう!

ラニカイ・ピルボックス・トレイルからの景色

カイルアビーチもラニカイビーチもめちゃくちゃビーチがきれい。それになんだか落ち着くんだよね街中も。週末になると足しげく通っていたわたしの大のお気に入りの場所です。ワイキキビーチやアラモアナビーチとは違う雰囲気をぜひ体感してください^^

●ノースショア

車中から撮ったハレイワの街の看板。

ノースショア、ハレイワの看板

古きよきハワイが残っていてアイランドらしい雰囲気。よい意味で田舎らしいところがわたしは好き。高さのある建物もないせいか、空が大きく広く感じれるかな。

そしてやっぱりノースショアといえばウミガメに遭える確率高し!

カイルアもノースショアも市バス(The Bus)で行くこともできますが、その時の気分で寄り道したりできる自由度の高さでいったらやっぱりレンタカーがおすすめ。

ハワイで運転するには日本の運転免許書があればOK。わざわざ国際免許書を取らなくてもいいので楽ちんです。

バスはちょっと時間がかかりそうだし、でもアメリカで車を運転するのはハードルが高すぎるという人はツアー会社にお願いしちゃいましょう。

カイルアのツアー詳細、お申込みはこちらからどうぞ。

カイルアのツアー!

ノースショア観光のツアー詳細、お申込みはこちらからどうぞ。

ノースショア観光!

 

【3日目/17:30〜ディナー】

ハワイの最後の夜にふさわしい、行っておくべきレストランについて記事にしています。どれもとってもおすすめで、雰囲気もお味も文句なしのレストランです。

 

 

3泊5日で行くハワイ旅行4日目

ワイキキのホテルのプールサイド

7:30〜 朝ごはん
9:00〜 ホテルチェックアウト
11:00〜 空港に到着
13:00〜 日本に出発!

国際線の場合、どのエアラインを利用したとしても出発時間の2時間前には空港へ到着しておきましょう。上の表は13時ハワイ出発のフライトで、空港まではシャトルバスの利用を例にしています。

【4日目/7:30〜朝ごはん】

いよいよハワイ最終日ですね。ハワイ最後の食事場所は、日本に戻った後もしばらく余韻にひたれるハワイらしい場所を選んでみました^^

●ヘブンリー

ワイキキのど真ん中に位置しているのでハワイらしい景色をのぞむことはできないのですが、インスタ映え間違いなしの店内。女子が喜ぶハワイっぽい雰囲気満載なのです。地消地産かつヘルシーで美味しいのも人気の理由ですね。

●フラ・グリル

テラス席に座ればオーシャン&ダイヤモンドヘッドビューが最終日のハワイを盛り上げてくれること間違いなし。アメリカらしさを感じれるのも個人的にグッドポイント。

アウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾートの中にあるレストラン「フラ・グリル」

●ハウツリー・ラナイ

オーシャンフロントと大きなハウツリーの下で食べるエッグベネディクトは格別。時間がゆっくり流れていてとても居心地のよいレストランです。

●ルルズ・ワイキキ

道沿いに面したカウンター席に座ればオーシャンフロント。海を見ながらの食事は本当に気持ちがいいですよ〜。全体的に開放感があってテーブル席でも大満足できます。

ワイキキにあるレストラン「ルルズ・ワイキキ」

●シナモンズ(イリカイホテル)

カイルアにもありますが、ワイキキ西側に位置するイリカイホテルの2階に2号店があります。オープンエアな店内は風が気持ちよく席によってはヨットハーバービュー。景色・雰囲気・お味も3拍子揃ったレストランです。

カイルアのシナモンズ の記事はこちら。参考までに。

出発日の朝食はどうしても時間の制限があると思うので、ワイキキを中心に東西に渡りピックアップしてみました。

朝はバタバタしてしまう!パッキングもあるしという人は、ちょっと割高ですが宿泊しているホテルのレストランを利用するのも大いにアリです。ホテルのレストランって景色がよいところが多いですしね。

【4日目/9:00〜ホテルチェックアウト】

どのホテルもチェックアウトの時間は11:00前後になります。もしチェックアウト後も時間がある場合は、ホテルにスーツケースを預かってもらい、カフェなどで時間をつぶすこともできますよ。

【4日目/11:00〜空港着】

空港には免税店がありますので、買い忘れたお土産などないかもう一度チェックしましょう!

【4日目/13:00〜日本出発】

ハワイをお昼前後に出発すると、だいたい日本の翌日夕方くらいに到着します。なので帰りの飛行機ではずっと起き続けましょう!寝ないことが時差ボケ防止になりますよー。

 

 

3泊5日モデルプランまとめ

ワイキキビーチ

ハワイ旅行をノープランでまったり楽しみたいという人は別として、短期間で思いっきりハワイを楽しみたいのであれば事前準備はとっても大切。

アクティビティ系はもちろんネットで事前予約はマスト。レストランも人気どころやディナーは予約しておいた方がベターだと思いますよ〜。食いしん坊のわたしとしては食の確保はぜったいです(笑)

 

それともう一つ。けっこうみなさんやってしまいがちなこととして、水着やビーチサンダルを日本からは持参せず現地ハワイで調達しようとすること。お気持ちよくわかります。現地の水着、とってもカワイイですから。

でも必ず1セットは日本から持ってきましょう。その上で、カワイイ水着なりビーチサンダルなりをハワイで買うことを強くおすすめします。

特に水着選びは想像以上に時間がかかってしまうパターンが多いはず。試着もしますしね。買い物に予定以上の時間をとられて3泊5日という限られた滞在期間がきつきつなスケジュールにしてしまうなんて、もったいない。

 

今回の記事の3泊5日モデルプランは特にハワイ初心者に向けた王道のプランになります。

自分自身で体験してよかったところはもちろん、その他ハワイ在住者や観光者の評判がよいものをピックアップしてみました。参考になると嬉しいです^^

せっかくのハワイ旅行で3泊5日じゃ楽しめるか不安…でも会社を休めない!と思ってハワイ旅行を諦めていた人も、今回のプランを参考にしてももらえれば3泊5日でもぜったい楽しめますよ🎶

 

 

 

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です